記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

続きを読む

木と土と人 vol.73

木と土と人 vol.73(木編) いっ忙しいです。 3月末の竣工に向けて年が明けてから、ずっーと追い込んでます。 初めは3時間かかった作業も2回目以降はもう少し早く出来るようになったこともあります。 出来ない情けなさも、出来た喜びも感じながらも1mmずつぐらいしか進みませんが、 「こんなんにしてもありかな?」 なんて変更やら追加なんかで進むよりやることの増えることばかり、どうせならと欲目なのかも知れませんね。 ...

続きを読む

木と土と人 vol.72

木と土と人 vol.72(木編) たった30cm足らずの「幅木」を3本入れれるのに、夕方から深夜0時(6時間)。 「幅木」とは 床と壁の隙間を埋めたり、壁を守るためにの仕上げ(化粧)です。 施工自体は、柱と柱の間や荒壁との隙間を1ヶ所1ヶ所計り、一本一本つくりはめていくだけですが、計りかた、墨の出し方(鉛筆の書き方)、直角に正確に切るやり方、材の角を気持ち鉋を当てる(面取)さりげなさ。 壁いっぱいに釘を真っ直ぐ打つ...

続きを読む

木と土と人 vol.71

木と土と人 vol.71(番外編) 三重に来て4回目の冬。 冬らしい冬だなぁ~と、ヤッケを着ながら家内と二人土壁塗り(大直し)をしています。 そんな中、津市の山間部から来てくれる木神楽(大工)さんが軽トラに積もった雪を息子に持ってきてくれました。 雪を懐かしがる長男に、生まれて初めて見る次男。 嬉しく、楽しいひとときになりました。 冷え込む現場では、暖をとるための火鉢はすっかり長男の仕事。 ばぁちゃんに教え...

続きを読む

木と土と人 vol.70

木と土と人 vol.70 残り半分、土間の洗い出し仕上げをしました。 引き続き左官屋さんと息子と朝から晩まで頑張りました。 手の空いた時間に、左官屋さんに出来上がった土壁をみてもらいました。 家内と二人、進めてきた土壁づくり。 ドキドキでしたが、左官屋さんの 「よく塗ったね、すごいよ。」 の一言で家内と二人、全てが報われた気きがしました。 まだまだ土壁は続きますが、少しだけ小さな自信をもちながらまた明日か...

続きを読む

木と土と人 vol.69

木と土と人 vol.69 2017年の一発目の仕事は、土間部分の洗い出し仕上げ。 久し振りの左官屋さん。 息子は、はりきって前日19:30就寝→5:30起床。 砂利とセメントを混ぜ、まずは半分打ちます。 掃除をして、水を撒き、セメントと磯石を混ぜ、土間を作っていきます。 「仕事」をなによりも楽しむ息子に、いつも優しく教えたりやらしてくれる左官屋さん。 北風は冷たいけれど、現場は優しく暖かい空気で進んでいきます。有り...

続きを読む

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。